topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小太郎と小次郎のワクチン接種  - 2003.07.15 Tue

今日は午前中は晴れていたのに、午後は曇りで気温が低い。
天気予報では5月下旬の気候と言っていた。今週はこんな天気が続くとか、嫌だなぁ。


ご近所の動物病院に取り寄せをお願いしていたコタとコジのワクチンが入ったと電話があった。
早速2匹を連れて病院へ。良かったぁ、今日は先客が2組もいたわ。
(ここの病院は5月に開院したばかりなので患者が少ないみたいで勝手に気をもむ私)

小次郎も小太郎も問題児です。質問事項を抱えてのワクチン接種でした。
まず小太郎、今日の体重は6.7kg(多いぞー!)。前回注射の部位の質問で背中との事でしたが、
意地悪な私は足に出来ないかとお聞きしました。
「太ももにも出来ますがそうしますか?」「やっぱり背中で良いです(汗」
小太郎は大人しく終了。

それから、もう1つ悩んでいる事をお聞きしました。
実は小太郎はスプレーが止まらないんです。それでM病院で行動障害の治療を受けようか迷っていました。
ここのP病院の先生は猫用発情抑制剤インプラント「猫用ジース」を皮下に埋め込んだら良いとおっしゃった。
見せて頂いたけどすごく小さい。

↓多分これだろうな。
『プロジェスチンという合成黄体ホルモンによる療法が試されますが,雄猫は雌よりもよく反応するようです.
ただし,副作用の可能性もある(食欲増進,副腎抑制,沈うつ,糖尿病,乳腺腫瘍)のでできれば最後の手段に
したいものです.』日本獣医学フォーラムより
どうしよう・・・・

次は小次郎の番だ。体重は6.1kg、ワクチンの前に尿検査をして頂いた。
彼はストルバイト結石の既往症があるので診ていただいたのだが、尿検査が導尿でなく手で搾っただけで
オシッコが採取されたのには吃驚しました。

結果はPH7.5で顕微鏡検査では小さな結晶のカケラが見られました。
多頭飼いの我が家では食事療法に無理があるので他の方法をお聞きしたところ、「メサジル」を紹介して下さった。
これはチューブ入りのお薬で尿を酸性にする為の物だそうだ。
他に「ウロエーゼ」という錠剤。どちらも試供品を頂いて来ました。

尿を搾り出されてご機嫌が最高潮に悪化した小次郎君、ワクチンを打つ段になったらもう暴れまくって大変でした。
押さえていた私の手の甲に彼の蹴りが入っちゃった。爪が刺さって血だらけになりました。
去年の秋のワクチンの時、クーに噛まれて手の甲の血管が切れ外科に行っった時に「破傷風」のワクチンを
打ってるから大丈夫だよ。
備えあれば憂いなし、だけどやっぱり痛い!!

【今日の診療費】
ワクチン・・・\4.000×2 (団体割引)尿簡易検査・・\1.000
税込み合計で \9.750 でした。

小太郎と小次郎の今後の治療をどれにするか・・・・じっくり考えます。


             ★小さくて可愛い動物病院がすぐ近くに開院したのです★







猫話あれこれ  «  | BLOG TOP |  » 2度目の朝ご飯

里親募集中


いつでも里親募集中









プロフィール

hanatoqoo

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。